このところ、赤です。

ここしばらく、ずっと青がメインでしたが、最近、急に赤い気分。赤をよく着ています。

当職場は、赤好きが、毎年数人いて、髪も真っ赤な人も、今はいます!みんな、燃えてるのかな?

通勤途中にみえる山々も赤く色づいてきています。また、冬がくる。少しずつ寒くなると、なんとなく、うれしい。生物の実感がわくからかもしれません。

ストーブの炎も暖かい。赤色。



[PR]

# by okibondg2 | 2017-10-12 21:49 | zakkan | Comments(0)  

10月になり

今年度も後半が進んで、10月。
先月末に、やっと、学生が初めて論文を投稿した。
ネタができてから、かれこれ、2年半待ったことになる。とにかく、やっと、出せたことに乾杯した。

今回、わかったこと。待つことは、よくないということである。隣に座らせてでも、やらせて見たほうが良いのだとわかった。自主性は、意外と厳しいのである。

やっと2年半のプレッシャーを乗り越えたからか、学生も、少し調子が上向きになっている様子。

さて、昨日は、あまりにいいお天気なので、海に行くことにした。太平洋か日本海か?少し悩んだが、やっぱり日本海でしょう!夕陽も間に合うと思って、車で3時間西へと走りました。

残念ながら、夕陽が沈むまでは、雲のせいで見えなかったけれど。毎日違うのがいいのであって。おだやかな日本海の様子に、つつっと、元気をもらいました。

懐かしい鼠ヶ関のハーバーには、ほとんど人はいませんでした。片付けは終わっていた。

帰りは、あっという間に暗くなって。下道で帰りました。なかなか集中できて良かった!

また、今日から仕事。






[PR]

# by okibondg2 | 2017-10-02 07:19 | zakkan | Comments(0)  

懐かしの

最近、ネットで映画を見たり、音楽も聴けたりすることを知り、休日が、だいぶ、刺激ができてきた。

この地域に暮らし始めてから、大好きだった映画は、ずいぶん、ご無沙汰。さらに、ビデオ屋も20キロ先にあるため、ほとんど借りに行かなくなってしまった。

わたしの中の情報源の一つにであった映画から、遠ざかっていたことは、今回、このネットで見たときの、大きな感動や刺激から、察するに、おそらく、わたしの中で、ほんとうは、とても大事なことだったのだと認識した。鏡みたいな役割が、わたしにとっての映画なのである。

また、現在は、ネットで昔、小学、中学生の頃に、よく聴いていた音楽を見つけては、聴いてみている。
その懐かしい曲に出会う喜び!

昔から好きだったのに、なかなか見つけることができなかった、曲も、あ、これだったんだ!とか、今なら聴き取れる歌詞の意味も分かったり。

そう、わたしは、やっぱり、小中学の頃の音楽は、充実していたような気がする。

なんとなく、今は、この懐かしの音楽を聴いている時間が幸せ。

[PR]

# by okibondg2 | 2017-09-19 23:32 | POWER of Music | Comments(0)  

ひと段落

今週は、実習続きでした。今日は、東京での体験学習が大変好評で、子供達が大喜びしてくれたみたい!前回、カフェにもきてくれた、Mくんとも再会。夏休みに、作ってくれたカフェの模型も見せてもらえました!その細かな出来に、とても感動!先生方にも大変お世話になりました。

これから、どうなるか?わかりませんが、前向きに希望を持って、続けたいです。
まずは、ひと段落。

みなさんに、感謝!





[PR]

# by okibondg2 | 2017-09-15 19:58 | zakkan | Comments(0)  

あまりに怒涛⁈

今週は、結構忙しく、頭もそこそこ回転。ちょっと、すてに、お疲れモード。
今日は、久しぶりに、外をぐるぐる巡り、水サンプリングなど。先日の大雨で、水環境も大荒れ。
明日は、また、即席実験。お天道様に期待である。

やるべきことが多いのに、今年はスタッフが手薄で、なかなか思うように、事が進まないのも、悩みの種である。

ふむむむむ。

先日、久しぶりに、夢の中で、大先生が出てきて…
なんだったのだろうと。





[PR]

# by okibondg2 | 2017-09-14 01:33 | zakkan | Comments(0)  

久しぶりに

やっとプログにつながりました。

このところ、少しお休みをもらって、電車で旅に出ました。最初の目的は果たせなかったけど、行き当たりばったりでも、気持ちにゆとりがあるのは、仕事ではないからなんでしょうね。
長野の善光寺は、幼少以来の再訪でしたが、あのころ、よくわからずに、めぐった胎内めぐりも体験し、特別な気持ちになりました。

生きて仰ぐ
空の高さよ
赤とんぼ. 夏目漱石

が、まさに言い得て妙!そこまで、自分は風流にはなれていないけれど、暗闇を抜けた後に、自然と溢れ出た涙とともに、何かが、変わったように感じました。

電車の旅は、のんびりと、また、お酒も飲める!メリットもあり、ここしばらくにない気分転換になったのかなー。

とはいえ、また、すぐに怒涛感。
もう、すでに、次の逃避を模索して、うまい案が浮かばず、うんうんと悩んでしまう。という感じです。

体力、気力、思いっきりが、必要だなー。

[PR]

# by okibondg2 | 2017-09-11 21:17 | zakkan | Comments(1)  

Ghost in the shell⭐︎⭐︎⭐︎

 攻殻機動隊の実写版。かねてより、楽しみにしていたのである。昨日、ネットレンタルをして、見た。

 これまでのアニメのストーリーを、少しずつ、重ねたようなストーリー展開で、かつ、より人間性というものに注目したものだったと思う。
 
 非常に、映画らしい感じ。ブレードランナーの近未来のイメージとかも感じられる。何よりも、スカーレット ヨハンソンの演技がよかった。わたしは、彼女は、ソフィア コッポラ監督の「ロスト イン トランスレーション」で初めて見たのだが、あのころの、少し物憂げな、もやもやと悩みを抱えている感じが、今回の主人公では見られて、とても、いいなと思った。
 
 自分的には、アニメの攻殻機動隊の中で、好きだなと思っていたシーンが、いくつか、繋ぎ合わせられていて、きっと、映画監督たちも、好きなシーンが、同じだったんだろうなと思うと、それはそれで、また、嬉しい。

 

[PR]

# by okibondg2 | 2017-08-27 12:37 | 映画でうふふ | Comments(0)  

お盆のんびり

ここしばらく、こんなに何もしなかったお盆はないのではないか?というほど、ぼーーーーーーとした。

 新しいこととしては、「メアリと魔女の花」を見に行った。高校のころの同級生、米林くんの監督作品!今回はどんな感じになっているのだろう?重たい体が、やっと動いた。
 がんばっているなー!と。これまでのジブリでの経験の集大成作品、大学で言えば、卒業論文のような作品かなと思った。これまでの米林くんのがんばりがよみがえるようで、最後に、監督 米林宏昌 と出て来たら、ジーンと涙が出た。

 翌日は、東京で、大学の頃からの友人と会う。お盆&雨&朝早くで、とても静かな東京。予約して行った銀座のお店で、ゆっくりお茶とお食事を楽しみ、その後は、銀座シックスにも行って見た。この時間には、すでに人が溢れ出て来ており、人があまりいない地方暮らしのわたしたちはずいぶん疲れてしまった。ここは日本ですか?というほど、周りから聞こえるのはChineseでした。

 その日の夜には、妹が初めて我が家に来た。以前の宿舎には来たことがあって、その「あまりの古さ」の印象が強かったらしく、かなり楽しみにしてきたそうだが、今の普通の部屋に安心したようであった。甥っ子が、あの宿舎が妙に印象に残っているらしく、私の新しい住まいもとても楽しみにしていたとのことで、写真を撮って帰って行った。あの宿舎は、すでに取り壊され、今は、もう、ないのである。
 すっごく久しぶりに、妹と家で過ごせたのはよかった。妹もがんばっているみたいだ。お盆は、寝て過ごす勢いだったけど、なんとか、楽しく過ごせた。
 
 何をすることも、億劫な私に、刺激をくれた友と妹に感謝。
 明日からは仕事。
c0190861_19412878.jpg
 
[PR]

# by okibondg2 | 2017-08-16 20:09 | zakkan | Comments(1)  

お盆ただ中

 お盆ということで、当方の暮らす東北の田舎では、大変混雑している。まず、スーパーマーケットで、レジが行列をなしており、驚く!このスーパーは、最近、ほとんどお客さんを見たことがないからである(いつも終わり頃に行くというのもあるけれど)。よかったと、なぜか安堵する。

 お盆って、こういうことなんだなと思う。田舎の存在意義みたいなものを明白にする。どんなに都会で働いて暮らしていても、ふるさとは大事なのである。

 そういう気持ちを、まだ日本人が持っているということは、うれしいことだ。今日は、いつもより、おじいさんも、おばあさんも、活き活きと輝いて見える。そして、子供や孫達と一緒で幸せそうである。

 お盆は、少し仕事もしているけれど、なんとなく、周辺の雰囲気に飲み込まれ、私も、久しぶりに本屋に来た。新聞で見た「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」という本があるかな?と思って。幸い、田舎の本屋にもあった。パラパラ見て、購入。特に何?というほどではないが、ま、気軽に読むには面白い。

 同じように、新聞で見て、少し興味を持って購入したのは、「定年後 50歳からの生き方、終わり方」楠木新著である。まだ、わたしは定年から余裕があるのだが、周辺に定年を間近にした方々も多いこと、また、先日のディスカッションでも、やはり高齢化というか、定年後の第2の人生をどのように活用するか?(人材活用という視点でも)興味があったのである。

 当方の親は、とっくに定年をしており、現在は、日々の暮らしをそれなりに謳歌しているように見える。定年後の本に書いてあることも、大方、親世代を見ていればわかることが多いのだが。やはり、この定年を間近にする、あるいは、定年をしたばかりの人にとって、この転換期をどのように乗り越えるか?というのは、人生の大きな岐路なのであろう。
 
 わたしも、このところ、自分の人生を考えているというか、やや不安というか、疑問のようなものを感じている。この本を読むと、早めの準備が必要そうだなと思った。まず、仕事をしていると、仕事以外の喜びが見つけにくいことが、課題であるらしい。
 現に、私は、この本にあるサラリーマン状態で、無趣味で仕事のみに時間を割いており、あとは、寝てご飯をたべ、お風呂に入り、掃除洗濯をして仕事をする。といった具合である。こういうタイプは、定年をすると、大変なことになるらしい。

 だから、もう少し自分の真の喜びみたいなものを思い出して、それに対しても時間やお金を、今のうちから、かけるようにすることも大事なのだと感じた。

 そうだね。もう少し、現状に甘んじず、なりたい自分に近づかないと!!
 そう、思いました。

 



 
 

 

[PR]

# by okibondg2 | 2017-08-13 11:07 | zakkan | Comments(0)  

お盆近いからか

 お盆が近いからか、雨が降っているからか?なんとなく、やる気がでない。とにかく、今はひたすらガス精製をしているのだけれど。先ほど、8回目の精製を終えたら、とたんに、ガスの組成が悪くなって!!!えええええ、と。
 なかなか、手探りで適当にやっているので、、、。どうやら、精製のための水はこまめに変えていたのだけれど、ゼオライトの限界がきたようで、逆に、ガスが放出したと考えられた。
 新しく、ゼオライトも入れ替えて。。あああ、これまでの精製回数は、水の泡になってしまい。ふーーー。

 ガスって、目に見えないから。やっかいである。当方の研究室は、実験の場所と分析の場所がえらく離れているのもあって、そのため、いちいち、分析値で確認していないというのもあり、、、10回やったら、分析しよう!と思っていたら、8回で、逆戻りなんだから。。。ふーー。

 とにかく、希望を捨てずに、である。

[PR]

# by okibondg2 | 2017-08-08 19:57 | zakkan | Comments(1)